\\ランキング参加中//
ブログランキング・にほんブログ村へ

Webライターの話

【桃太郎】川で洗濯中に桃が流れてきた場合の適切な対処法と注意点~SEO昔話

※これは「桃太郎」をベースにSEO構文で昔話を書いたジョーク記事です。

「川の上流から流れてきた大きな桃を拾ったが、どうすればいいのだろう」とお困りではないでしょうか。

桃は傷みやすいため、拾って持ち帰ったあとの対処に困るご家庭は少なくありません。

しかし、食べきれないからといって、大きな桃を捨ててしまうことはできません。

流れてきた桃の中には子供がいるケースがあります。桃発見後の保護を拒否したり、内部を確認せずに破棄すると、保護責任者遺棄罪に問われる可能性があるのです。

さらに、桃の中の子供は、成長すると多くが鬼ヶ島の鬼征伐に赴任します。保護者には、鬼征伐のために、適切な養育を施す責任が生じます。

とはいえ、川上から流れてきた桃の発見は、決してリスクだけではありません。鬼征伐に成功すれば、生涯年収を大きく上回る、大量の金銀財宝の獲得が期待できます。

そこで今回は、川の上流から大きな桃が流れてきたときの対処法や、その後の育児、鬼征伐のために準備しておきたいものや注意点について、詳しく解説していきます。

上流から大きな桃が「どんぶらこ」と流れてきた場合の対処法

子供が入っている可能性がある桃は、川の上流から「どんぶらこっこすっこっこ」と流れてきます。

夫が山へ芝刈りに行っている間に、妻が川で洗濯をするご家庭では、桃と遭遇する確率が一定の割合であると考えておくと良いでしょう。

流れてきたとき「どんぶらこっこすっこっこ」ではなかったり、通常の大きさの桃であったりした場合は、子供が入っている確率は低くなります。

桃の大きさの比較と目安

桃を発見したら、歌いながら手を叩き、近くに呼びます。近くに流れ着いたら、洗濯に使用している桶などで岸に移動しましょう。大きな桃は自重で底面が傷みやすいので、持ち帰るまでは川の中で保管するのがおすすめです。

桃を移動するときは、中に子供がいることを想定し、落とさないように二人以上で運搬します。

発見者が高齢の女性だった場合、一人で持ち帰ろうとすると、桃を落としてしまうリスクが高まります。また、膝や腰などの関節を傷め、その後の養育に支障が出る可能性もあります。

必ず山に芝刈りに行っている配偶者やご家族と協力して、安全に運びましょう。

桃を室内に移動したら、安定した広い場所に設置します。その後、包丁などで適切に切り分けて、中を確認しましょう。

「どんぶらこ」と流れてきた桃を切るときの4つの注意点

大きな桃を切るときに、真ん中から二つに切るのは危険です。
桃は種部分に子供がいる可能性があるため、以下の4つのポイントに注意して、慎重に切りましょう。

1)大きい包丁や鉈で、桃の真ん中から二つに分割しない

種部分を通る分割方法は、中に子供がいた場合、死傷させる恐れがあります。

万一子供を傷付けてしまうと、傷害罪(刑法204条)になります。また、怪我が原因で死亡した場合は、傷害致死罪(刑法第205条)に問われます。

大きい果物は二つに切り分けた方が分割が楽になりますが、今回の桃は例外として、外側の果肉を削ぐようにして、少しずつ内部を確認しながら剥きましょう。

2)切った際に飛び出してくる子供に注意する

桃を切ると、中から子供が飛び出してきます。飛び出しには勢いがあるため、受け止めに注意してください。過去には飛び出したあと、そのまま落下し、死傷してしまった事例があります。

桃を切る際には、事前に桃の周囲に柔らかくクッション性のある素材を敷き詰めて、万一受け止められなくても、子供の被害を最小限にできるよう準備しておきましょう。

3)桃を切らずに長期間放置しない

桃は拾ったらすみやかに切り分けましょう。内部に子供がいる場合、長期間放置すると、窒息する可能性があります。また、桃が傷んで腐敗すると、子供が病気になってしまうかもしれません。

いずれの場合も、桃を拾った人は保護責任者遺棄罪(刑法218条)に問われます。さらに放置の結果、中の子供が死亡した場合、保護責任者遺棄致死罪(刑法219条)が成立します。

4)剥く前に桃の産毛を落としておく

桃の表面には細かな産毛が生えています。この産毛が肌に刺さると、痒みや腫れの原因になります。桃を剥く前に流水でやさしくこすりながら洗って、産毛を落としておきましょう。

自分の手や腕、中の子供に桃の産毛が刺さり、肌が荒れてしまった場合、こすらずに流水で洗い、すぐに医師の診察を受けてください。

桃から生まれた子供の命名1位は「桃太郎」

子供の名前は親からの一生のプレゼントです。そのため、桃から保護した子供の名付けについて、悩むご家庭も多いでしょう。

そこでおすすめの名前が「桃太郎」です。桃から生まれた子供の命名人気順位でも、毎年「桃太郎」が一位を獲得しています。

子供に桃太郎と名付けたい夫婦は約95%という結果に(庄屋調べ)

その理由は、子供に名前を通じて自分が何者なのか強く意識して貰えるためです。

太郎は男の子に付ける名前として昔から親しまれています。また、誕生の由来とあわせて○○太郎と命名される地名は、日本各地に数多くあります。

今回は桃から生まれたため、桃と太郎をあわせて「桃太郎」と名付けることで、子供が自分の誕生の由来を強く意識し、自己の存在意義をはっきり認識できるでしょう。

実際に桃太郎と名付けられた場合、適正な年齢になると自分で鬼征伐を申し出て、鬼ヶ島の鬼征伐を達成しています。

子供が鬼征伐を成功させるため、別の名前で出生を届け出た場合でも、早い段階から「桃太郎」と呼んであげると良いでしょう。

桃太郎を育てるポイントと活用できる支援制度や補助金

桃から生まれた子供(以下、桃太郎)は、多くの場合、自主的に鬼ヶ島の鬼征伐に向かいます。そのため、早い段階から身体作りを行い、刀の稽古をしておきましょう。

鬼征伐への出発がもっとも多い年齢は、統計上15歳という結果が出ています。そのため、幼児期から計画的に教育を行わなければいけません。

桃太郎は鬼征伐に対する高い資質を持っていますが、事前の準備が不足すると、征伐に失敗することもあります。

桃太郎の食事は、タンパク質が多めのメニューを中心にしましょう。高齢者が桃太郎を保護した場合、内容や量など、食生活には特に注意が必要です。

また、征伐までの道のりでトラブルが起きないよう、教育も大切です。地図の読み方や文字の読み書きのほか、そろばんも学習させておきましょう。

もし教育の内容や資金面で不安がある場合は、庄屋など地元自治体の窓口に相談し、適切な支援を受けることができます。

活用できる支援制度と補助金については、国と自治体で異なります。ご家庭の状況にあわせて、近隣の庄屋や役人に問い合わせてください。

桃太郎が旅立つまでに用意しておきたい3つのもの

桃太郎が鬼ヶ島の鬼征伐に出るまでに、以下の3つを揃えておきましょう。

1)きびだんご
桃太郎は多くのケースで、鬼征伐の随伴者に、サル、犬、キジの3者を選んでいます。随伴させる際の契約に用いるため、出発時にきびだんごを持たせる必要があります。

材料を常備して、すぐに作成して渡せるようにしておきましょう。

きびだんごは保存性が低いため、作成後の長期保存には適しません。サル、犬、キジに手渡す際には、すぐに消費する旨を伝え、徹底する必要があります。※

※きびだんごの成分は、ニホンザル、犬、雉が摂取しても問題ありません。

2)鎧刀
鬼征伐は素手では行えません。ある程度の強度がある鎧と刀を用意しておくことで、鬼征伐の成功率が高くなります。

鎧は桃太郎の身体に適切な大きさである必要があります。成長期であることを踏まえ、ある程度サイズの調整ができる鎧を選ぶとよいでしょう。

3)のぼり
桃太郎という名前と、鬼征伐に向かうことを記載したのぼりを作成しておきましょう。掲示することで、鬼ヶ島の鬼征伐に向かう桃太郎であることを周知し、周辺住民の協力を得やすくなります。

自作が難しい場合は、レンタルもしくは通信販売で取り寄せることができます。

桃太郎が鬼ヶ島の鬼征伐に成功した際の、金銀財宝の取り扱いについて

桃太郎が鬼ヶ島で鬼征伐に成功すると、鬼が集めていた金銀財宝を獲得できる可能性があります。

獲得したら、必ず現地の自治体と所轄警察署に連絡し、拾得物として届け出てください。万一そのまま持ち帰った場合、遺失物等横領罪(刑法254条)に問われます。

金銀財宝は一旦、遺失物として扱われ、近隣住民に返還されます。三ヶ月以内に所有者が判明しなかった物については、民法240条によって桃太郎が所有権を取得します。

金銀財宝を獲得してもすぐに持ち帰らないよう、桃太郎に教えておきましょう。鬼征伐後、金銀財宝の所有権を取得してから帰還するのが適切な対応です。

また、拾得物の価値が50万円を超えると課税対象になります。帰還後は、必ず確定申告を行い、所得税を納める必要があります。課税について不明な場合は、庄屋や役人に相談するのがおすすめです。

魅力ある積立投資!川上から桃が流れてきたら「桃太郎」と名付けて育てよう

桃太郎は養育に15年かかりますが、鬼征伐に成功すれば、高い確率で高額な金銀財宝を獲得できます。また、帰還後の桃太郎は孝行息子として、養親を大切に扱うことがわかっています。

そのため、近年では川を流れてくる桃は、育児型の老後資金積立投資として、高齢夫婦に人気です。

しかし、安定した鬼征伐の成功には、桃太郎の計画的な教育が必要です。桃を拾ったらすみやかに自治体に相談し、適切な養育ができるよう環境を整えましょう。

また、鬼ヶ島との往復に備え、保険にも忘れずに加入しておく必要があります。対人賠償無制限の保険であれば、一般の方の間にトラブルが発生しても安心です。

川で洗濯をしている際に桃が流れてきたら、15年積立の投資と考え、ぜひ桃太郎を育て、鬼ヶ島へ送り出してみてください。

元ネタ:楠山正雄「桃太郎」

ABOUT ME
ばぶ
汚部屋職人系ライター。 FF14、マイクラも好き。運動大嫌い。 路地裏、廃墟、スチパン、朽ちて緑に飲み込まれていく文明の名残を愛す。