\\ランキング参加中//
ブログランキング・にほんブログ村へ

Webライター

【比較・検証】WordとGoogleドキュメントの機能と互換性を比較・検証してみた!

「Webライターの仕事をするならWordがなくてもGoogleドキュメントでいい」と思っている人は多いのではないでしょうか。

「Wordを買うにしても高いしな…」「そんなにお金かけたくないし…」と踏み切れないこともありますよね。
Googleドキュメントは多くの人に活用されていて、Wordで作った文書ファイルを開ける互換性もあります。

しかし、実は互換性がない機能も存在することをご存知でしょうか。

そこで今回は、WordとGoogleドキュメントの機能を徹底比較してみました!

おたより

内容はこんな感じ!

  • WordとGoogleドキュメントはどう違う?
  • 機能は一緒?存在しない機能もある?
  • 互換性を過信しすぎるな!書式などに要注意!
  • 実際にどれくらい互換性があるのか比較してみた。

WordとGoogleドキュメント

以前の記事でも紹介したとおり、WordとGoogleドキュメントの仕様は似ているようでかなり違います。

WordとGoogleドキュメントの双方に同じ機能があっても、正常に変換されないことがあります。中にはGoogleドキュメントで開くと文字ごと消えてしまうことも。

正常に変換される機能、文字ごと消えてしまう機能など、今回の記事で解説しますので、是非最後まで見ていってくださいね。

WebライターにWordは必要?理由もあわせて徹底解説 「Webライターの仕事を始めようと思うんだけど、Wordは必要?」 「Googleドキュメントでよくない?」 と思う人は多...

WordとGoogleドキュメントとの違いは?

まず、基本的な違いを比較します!

1.無料か有料か

Googleドキュメントは無料で使用できます。

Wordにも無料のWeb版が存在しますが、一部機能が制限されています。

すべての機能を使うのであれば有料で、サブスクリプション版か、もしくは永続ライセンス版(買い切り版)を購入する必要があります。

2.ソフトのインストールが必要かどうか

GoogleドキュメントがWeb上で使えるため、インストールは不要です。

Wordはソフトのインストールが必要です。Chromebookなどの一部環境には対応していません。

3.保存場所の違い

Googleドキュメントは、Googleドライブにファイルが保存されるようになっています。
かんたんに複数人で共有したり編集することが可能です。

パソコンが壊れてしまってもクラウド保存されているため、ファイルが消失してしまうことはありません。

Wordは基本的にパソコンに保存することになりますが、OneDriveのようなクラウドに保存することも可能です。

複数人で共有したり編集する場合は、保存先をOneDriveにするなど、別途設定が必要になるため注意が必要です。

基本性能の比較まとめ

基本的な性能をまとめると以下のようになります。

WordGoogleドキュメント
料金1,284円~/月無料
ソフトのインストール必要不要
保存場所PC内またはOneDriveGoogleドライブ

機能を比較してみた

Wordとほぼ変わらず使えるGoogleドキュメントですが、縦書きなど、一部対応していない機能があります。

1つずつ紹介すると膨大な量になってしまうので、代表的な機能を表で比較してみました。

WordGoogleドキュメント
フォントの変更
太字・斜体・下線
箇条書き
インデント
表の挿入
画像の挿入
図形描画
脚注
計算式の挿入
グラフの挿入
ヘッダー・フッター
ページ番号の挿入
コメントの挿入
変更履歴の記録
(提案モードという形で存在する)
目次の挿入
透かし
文字数カウント
ドキュメントの比較
引用文献の挿入
縦書き×
組み文字×
縦中横×
はがき・封筒印刷
(ページサイズや余白を調整すれば可能)
音声読み上げ
(スクリーンリーダーを使用すれば可能)
原稿用紙設定×
PDF出力

実際にWordで作った文書をGoogleドキュメントにアップしてどうなるか比較してみた

実際にWordで作成したファイルをGoogleドキュメントで開いてみました。
1つずつ見ていきましょう。

フォント

Googleドキュメントで対応していないフォントは、すべてArialフォントになるようです。

以下のフォントは正常に変換されていました。

ルビ

ルビがふられている文字が消えました。

唯一ルビがふられていなかった「の」の部分だけ残っています。

太字・斜体・下線・取り消し線・下付き・上付き

斜体、下線2重線、下線太線は正常に変換されませんでした。

正常に変換されなかった書式は以下のようになりました。

  • 斜体 ⇒ 通常の文字と同様になった
  • 下線(2重線) ⇒ 細い下線になった
  • 下線(太線) ⇒ 細い下線になった

ほかの書式は正常に変換されています。

縦書き・縦中横

縦書きと縦中横の書式が、横書きになりました。

Googleドキュメントに縦書き機能が存在しないためと思われます。

組み文字

組み文字が消えました。

画像下に表示されている前後の文章も参考に掲載しましたが、キレイさっぱり組み文字の部分が消えました。

引用文献の挿入

引用文献の設定も消えました。

表示されている部分が通常の文章として表示されます。

箇条書き

箇条書きは正常に変換されます。

文字の拡大縮小・均等割り付け

文字の拡大縮小、均等割り付けの書式が消えました。

通常の書式として変換されています。

表は正常に変換されます。セルの結合をしていても正常です。

コメント

表示は異なりますが、正常に変換されます。

変更履歴

表示は異なりますが、正常に変換されます。

脚注

脚注も正常に変換されます。

ヘッダー・フッター

ヘッダーのページ数が正常に変換されませんでした。

フッターは問題なく変換されています。

図形描画

図形描画の挿入位置がずれました。

このようにレイアウトがずれる可能性があるため、注意が必要です。

画像挿入

画像挿入は問題なく変換されます。

Wordで作った文書をGoogleドキュメントで開いたときの互換性まとめ

WordGoogleドキュメント
フォント
(対応フォントのみ変換可)
ルビ×
太字・斜体・下線・取り消し線・上付き・下付き
(一部変換できない)
縦書き・縦中横×
組み文字×
引用文献の挿入×
箇条書き
文字の拡大縮小・均等割り付け×
コメント
変更履歴
脚注
ヘッダー・フッター
(一部変換できない)
図形描画
(位置がずれる可能性あり)
画像挿入

Wordの文書をGoogleドキュメントで編集するときの注意点

WordとGoogleドキュメントには、作成した文書ファイルを編集できる互換性があります。

レイアウトがずれたり、崩れたりする

Wordの場合
Googleドキュメントの場合

Wordの公式テンプレートをGoogleドキュメントで開いてみました。

互換性があるといえど異なるソフトを使っているため、このようにレイアウトがずれたり、崩れたりすることがあります。

レイアウトがくずれてしまったら、Wordで開きなおしても元にもどることはありません。

一部の書式が正常に変換されない

斜体、下線、均等割り付けなど、一部の書式は正常に変換されません。

ほかにもルビや組み文字については、文字そのものが消失してしまいます。

この場合も同じく、Wordで開きなおしても元にもどることはありません。

まとめ

今回の比較検証の結果、以下のようなことがわかりました。

  • WordとGoogleドキュメントの互換性は完璧ではない。
  • 書式の設定などはなるべく使わない方が良い。
  • テキストの編集程度なら大丈夫

結論:書式が消えるくらいならWordを買っておけ!!

ABOUT ME
おたより
本を読まない編集者。 なるべくミニマルに生きたいオタク。 FF14と運動が好き。 ばぶのお仕事の編集、マネジメントをしています。