食べ飲み

【湯島】昼も夜も、ホッとする味。ホットサンドカフェ&バー ROO

サンドイッチというものは、どうしてあんなにわくわくするのか。
白いパンの間から零れてくる具材の色とりどりに心がときめく。
おにぎりに似た愛しさを、さらにきっちり焼き上げたホットサンドはもっとわくわくしてくる。
メインストリートから少しだけ離れた隠れ家みたいなバーで出てきたら、そわそわするに決まってる。

マンションの1階にひっそり隠れ家みたいなバー

道の途中に、唐突に現れる看板。
マンションや幼稚園、児童館にオフィスビル。
カフェとは無縁そうなサッカー通りにカフェバー?


看板につられて見上げると、窓辺にライトアップされた看板。
うーん、どう見ても普通のマンションのエントランス…。入り口はどこに…。

入り口はほかにないので階段を上がってみると、赤いドラム缶がお出迎え。
営業日とイベントのお知らせが載っている。
音楽な夕べ、もう12回目なんだ。

よく見るとシンガーソングライター「ゆず」のサイン。
ROOの前にあった缶詰バーに来訪した時、このドラム缶にサインしていったそう。

ひっそりと廊下に隠れていたドア。
手書きの営業時間がなんだかやさしい。

どこか懐かしい店内にホッとする

店内のディスプレイ棚を埋める、少し懐かしいものたち。
棚の穴からは、表の通りが見える。

テーブル席2つ、カウンター席6つのお互いの顔が見える広さ。
普段はメニューボードに使われている大型テレビは、パブリックビューイングに使われることもある。

ホットサンド以外のメニューも豊富
クラフトビールやワインもある

ワインとウィスキーの銘柄は都度お問い合わせ。

クラフトビールもあるのが嬉しい。
これはスチームビール。リバティエールもあった。900円なり。

ホットサンド以外のメニュー。
こっちは定番のおつまみ。ほかにメニューボードに季節限定のメニューが並ぶ。

ホットサンドは期間限定の月替りメニューも。
店のFacebookには、月替りのホットサンドが紹介されている。
これは6月限定のガパオサンド。
見たとおり、かなりのボリュームだ。

ホットサンドは食べ切れない分は持ち帰りができる。
半分食べて半分は持ち帰れるのも、サンドイッチという個が成り立った食べ物の良さだ。
カウンターの向こうは、いつも明るい。
菓子職人として海外でも修行を積んだオーナー、いずれ店にお菓子も出したいと言いつつも、千客万来嬉しい悲鳴で結構忙しいそうだ。

周囲の店が22時にはしまってしまうエリアだけに、23時までの営業なのもとても嬉しい。
夜の散歩中、ふと人恋しくなった時、ふらりと立ち寄って欲しい。
一杯のビールとホットサンド、気取らないおつまみが待っている。

店舗名 ルー カフェ&バー 推し度 ★★★★
備考

ホットサンドのボリュームがすごい。

ジャンル ホットサンドバー飲食店 煙草 喫煙可 電源 なし
Wi-Fi なし 営業時間 11:30~15:00 19:00~23:30/休:日曜+不定休 価格帯 1000~3000円
場所 東京都文京区湯島2-4-8 湯島イガラシマンション 101

東京都文京区湯島2-4-8 湯島イガラシマンション 101
ABOUT ME
のにの
四十にして惑いまくりスナフキンになりたい系ライター。 食べる、さすらう、読む、撮るが好き。 一箇所にとどまるのが苦手な旅人気質。 実用書から漫画、BLまで読み散らかす、推しに積極的に腐っていくタイプのオタク。FF14、マイクラも好き。 路地裏、廃墟、スチパン、朽ちて緑に飲み込まれていく文明の名残を愛す。 glafitバイクを相棒に夜フラフラ散歩するのが最近の楽しみ。