\\ランキング参加中//
ブログランキング・にほんブログ村へ

ばぶ雑記

【ライター】紙媒体はオワコンとDXしようとしたら、紙媒体が最強だった業界の話。

「紙媒体はオワコンwww」「Webメディアは今後衰退する」「SNSサイツヨ」「これからは動画の時代」などなど、メディア周りは話題に事欠かないが、果たしてオワコンなメディアなどあるのだろうか。

私の結論から言うと「ニーズの細分化にあわせて媒体が増えただけ。パイを分け合うので以前のようにユーザーの独占はできないが、それぞれのニーズに深く応えたメディアとして運営すればいい」である。

というのも、だ。ニーズというのは実に細かい。そして、外から見ているだけではわからない深い事情も多い。

実は私は、一度、「紙媒体はオワコン、これからはWebに力を入れるべき!」と力説して、己の了見の狭さに恥ずかしい体験をしたことがある。

過去のやらかし体験をつまびらかにしながら、これからのメディアの在り方を考えてみようと思う。

結論、「紙の新聞とFAXが最強」だった、とある業界。

私は以前、とある業界の業界新聞にいた。皆さまの日常をコロコロ転がるタイヤだ。

ニッチな業界にも、業界新聞というものは存在する。読者は主に、業界でタイヤを販売したり、足回りの整備をしている、タイヤ販売店の皆さまだ。

新製品の情報や、タイヤメーカーの話、組合の話題。タブロイド判4~8ページの週刊新聞にはニッチな業界情報が踊っている。

私が入社したのは、そんな業界の新聞社が、折しもDXを検討している真っ只中だった。入社して1カ月、やったことといえば、Webサイトの改修だった。

さて、Webサイトが新しくなったら、次は記事のネット配信だ。せっかくWebメディアができたのだから、当然、ネットでも配信したい。

私自身、紙の新聞とおさらばして久しく「紙はオワコン!やっぱこれからは、Webメディアに力を入れて、有料配信ですよ!」と推したわけだ。

イキリまくりである。

とはいえ、時代の流れだから!では押しが弱すぎる。そこで、店舗取材のついでに、あちこちの店で聞き込みをすることになった。

はたして聞き取りから浮かび上がったのは、意外にも、ネットとは逆方向のニーズだった。

曰く。

「オイルが付いた手袋をして作業する環境で、スマホやタブレットなんか見てられない」

という、大変現実的な話だ。

常に人が動き回り、機材が置かれ、手は機械油で汚れている。そんな環境で、仕事の合間に読むなら、断然紙なのだ。

同じ理由で、メールよりもFAXの方が喜ばれていた

だがしかし、Webメディアもメールも併用していた。なんならLINEグループも。

見出しの通り。なんと皆さま、全部のメディア・ツールを使ってるのだ。

絶対に「紙しか勝たん!!!!」というわけでもない。一仕事終わって手に取るなら、やっぱりスマホなわけだ。コミュニケーションはSNSやLINEも普通に使う。

なんなら、組合全体でLINEグループを作ってワイワイしている県すらあった。

取材時にLINEを交換したら、おじさま方からめっちゃスタンプ来たし、ついでにPRしてくれと写真や動画までたくさん届いた。その節はありがとうございます。

なお、タイヤ業界のおじさま・おじいさまはめちゃくちゃツムツム上手い。とんでもないスコアを叩き出す、ツムツムガチ勢である。それくらいスマホを余裕で使いこなしているのだ。

つまり、「スマホが使えないから紙じゃないと困る!」というわけではない。

日頃から仕入れや経理、そのたもろもろにパソコンを利用しているから、「パソコンなんてわからん、ネットなんて見ない!」というわけでもない。

業界の現場における純然たるニーズが「仕事の合間に見るなら紙」だったわけだ。

かといって、紙以外はいらないわけでもない。「LINEでシェアしやすいから、Webの記事も助かるんだよねえ」という声も多く聞いた。

まさしく「みんな違ってみんないい」だ。

外から自分の価値観を振りかざしているだけでは見えないニーズが、そこにはあった。

かくして、有料配信の話はしぼむようになくなった。

とはいえニーズに応えて記事の配信自体はすることになり、紙面から良さそうな記事をピックアップして、一部を無料で掲載するかたちに落ち着いた。

細かなニーズにフィットしたメディアになっていく時代、畑を育てる気持ちでいたい

以前に比べて生活が多様化した結果、ニーズの細分化もすさまじい。

どれかひとつのメディアが勝ち筋ではなく、すべてのメディアがそれぞれのニーズに深くフィットしていく時代なのだろう。

オワコンと言うならば、確かに古いメディアはオワコンだ。「今まで通り、”なにをしていてもある程度人が来る”という考え方と姿勢でいればオワコン」という意味で。

とはいえ、Webコンテンツ界隈にいると、ついつい勝ち馬に乗りたくなり、一番旬のメディアはどれだ!?となりがちなのは否めない。

クライアントだって、勝ち筋のメディアに注力したいから、「どれが一番人が来ますか?」となりやすい。

だが実際は、ジャンル・業界のニーズをしっかりと掘り下げ、フィットする方が大切だ。

中途半端な人数の数%よりも、少人数でも全員からの圧倒的支持のほうが、よほど安定した継続的な売り上げに貢献する。

話題の勝ち馬を追い掛けるより、自分の畑を丁寧に育てた方が、最終的には勝ちの波に乗るのではないだろうか。

最後に、過去のイキっていた自分に向かって、一言置いておこう。

「すぐオワコンオワコンって言うやつが一番オワコンなんだよ!」

ABOUT ME
ばぶ
汚部屋職人系ライター。 FF14、マイクラも好き。運動大嫌い。 路地裏、廃墟、スチパン、朽ちて緑に飲み込まれていく文明の名残を愛す。